MENU

前髪が薄くなってきたらAGAのはげ・薄毛にはAGAクリニックでの治療がおすすめ

若者に増えているAGAを予防するには

AGAで悩む方もいます。抜け毛が増えてしまい、薄毛になることで人目につき、ちょっと自分に対してのイメージが下がってしまうこともあるでしょう。年配者などが薄毛になるというイメージはありますが、若者でも薄毛に悩まされることもあります。
遺伝などによって、薄毛になりやすい体質として遺伝することもありますが、それ以外の原因としては自身の生活環境、生活習慣などが影響していることもあります。抜け毛が増加する原因を把握して、AGAになる前から、予防をしていくことも大切です。
抜け毛が増加する原因には、生活習慣の乱れや食生活の乱れなどもあります。また、外的要因として紫外線、洗髪時のシャンプーなども原因になることがあります。
規則正しい生活をして、抜け毛増加を防ぐことも予防の一つです。また、栄養不足にならないためにも、食事はバランスよく栄養を摂取するように心がけることも、自身の健康のため、そして頭皮や髪の毛のためにも必要なことです。
紫外線は、肌に対してダメージになるため、頭皮にとっても紫外線対策をせずにいると抜け毛につながります。日頃から、紫外線対策を怠らないようにしましょう。また、洗髪でシャンプーを使う場合には、自分の地肌にあったシャンプー剤を使うことも抜け毛予防になります。刺激の少ないタイプのシャンプーなどを使い、頭皮に負担をかけないようにすることもAGA予防になるでしょう。

病院で受けられるAGA治療の方法と注意すべき副作用のリスク

病院におけるAGA治療では様々な手法が用いられています。中でも一般的に知られるのが内服薬と外用薬の処方で、これは薄毛治療専門クリニックでなくても身近なところにある内科や外科、皮膚科などの個人クリニックなどでも受けることができます。内服薬にはプロペシアという錠剤が用いられますが、これは頭皮に分泌される特殊な酵素の働きを抑え、これが男性ホルモンと相まって頭髪の成長サイクルを乱す物質が出るのを抑制。そうやって頭髪を正常化させていくのです。また、外用薬にはミノキシジルが用いられ、これは毛母細胞の血行を良くすることで毛母細胞にきちんと栄養分が供給される状態を形作ります。

 

このように薄毛に悩む人たちにとって願ってもいない効果が得られるAGA治療ですが、しかしプロペシアやミノキシジルには副作用もあるので注意が必要です。プロペシアは勃起不全や性欲減退、肝機能障害を引き起こすリスクがあり、一方のミノキシジルは、血圧を下げることによって低血圧の人にダメージを与える可能性があります。さらに全力疾走した後のような疲労感や鬱、かゆみや発疹などを引き起こすことも多く、まずはこれらに該当する症状が出た時にはすぐに医師の診断を受けることが大切です。

 

AGA治療|品川のクリニックで